「心ある正論」について

twitterで「たとえ頭が良くても、相手の気持ちを汲み取らず、正論を振りかざして相手を傷つけるのは許されない」という主張を見たので思ったことを述べる。 まず、主張自体はよくあるものであり、我々がよくやるように「ただの僻み根性」として一笑に付して…

真っ白な、幻の世界

最近、おかしな夢をよく見る。居眠りをしているときに、よく見る夢だ。 その夢は、それを見たのかどうかすらも分からないほどに抽象的で、一切の物理的な動きを、五感の働きを、焦りを、緊迫を含まない。一切の具体的な印象は、残らない。ふと目が覚めると、…

僕は加藤和也にはなれない

何かに熱心になること、そのことしか考えられないほど熱中すること、そして、純粋に好きという気持ちだけでそれを続けられること。 それは素晴らしいことだと思うし、皆そう思っている。寝るのも忘れてバットを振る野球選手は美しいし、ただひたすらに作品を…